読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lollipop Candy Syndrome|ロリポップキャンディシンドローム

北の大地に住まう男の子「たろ」の雑記ブログ。彼女できるまで頑張る。

 【2016年冬アニメ】2016年冬アニメを一覧にしてまとめてみた【ランキング】

アニメ

広告

【追記】

一番下に劇場版アニメ映画を追記しました。

 

今は12月29日。

もうすぐ年明けですね。

 

年が明けたら新しい2016年の冬アニメが始まります。

どんなアニメが放送されるのか復習に使っていただけたら幸いです。

 

見落としがないようにお気をつけて!

 

では、以下からどうぞ

 

 

 

僕だけがいない街

放送局:フジテレビ
制作会社:A-1 Pictures
原作:マンガ(ヤングエース)


僕だけがいない街」は三部けい先生によるマンガ作品です。

今期のノイタミナ枠の作品で、映画化も決まっています。

 

内容としてはタイムリープ物で現代と過去の誘拐殺人事件を解決していくお話です。

「ノイタミナ枠に外れなし」ということで期待しても良いのではないでしょうか。

 

 

暗殺教室 2期

放送局:フジテレビ
制作会社:lerche
原作:マンガ(週刊少年ジャンプ)

暗殺教室」は松井優征先生によるマンガ作品です。

2期ということは、1期目の反響が大きかったのでしょうか。

採算がとれると見込んでアニメ化されているわけですので、期待が大きい反面、2期ということもあり、知らない視聴者は置いてきぼりを喰らうかもしれません。

 

 


昭和元禄落語心中

放送局:毎日放送
制作会社:Studio DEEN
原作:マンガ(ITAN)

昭和元禄落語心中」は雲田はるこ先生によるマンガ作品です。

第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で優秀賞を受賞し、第38回講談社漫画賞一般部門も受賞している実力マンガがアニメ化です。

石田彰さんが主人公の師匠役で出演しているので、それだけで観る価値有りです!

 

 


亜人 TVアニメ版

放送局:毎日放送
制作会社:ポリゴン・ピクチュアズ
原作:マンガ(アフタヌーン)

亜人』は、桜井画門先生によるマンガ作品です。

劇場版も公開されており、劇場版は全3部作で第1部は公開されています。

ただ、TV版と劇場版に関連性はあまりなく、どちらも監督が独自の解釈でアニメを作り上げたとのことです。

 

 


GATE 彼の地にて、戦う斯くえり 2期
放送局:TOKYO MX
制作会社:A-1 Pictures
原作:小説(アルファポリス)

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』は、柳内たくみ先生によるファンタジー小説です。

日本が突然ファンタジー世界とつながってしまうお話です。

会社の人が面白いと奨めているのを耳にしました。

こちらも2期なので前述の暗殺教室の様な問題があるでしょう。

 

 


赤髪の白雪姫 2期
放送局:TOKYO MX
制作会社:bones
原作:マンガ(LaLa DX)

赤髪の白雪姫』(あかがみのしらゆきひめ)は、あきづき空太先生によるマンガ作品です。

少女マンガが原作のアニメで石田彰さんと福山潤さんが出演されているアニメです。

観ましょう!!

 

 


蒼の彼方のフォーリズム
放送局:TV TOKYO
制作会社:GONZO
原作:アダルトゲーム

蒼の彼方のフォーリズム』は、spriteより発売されたアダルトゲームが原作のアニメです。

この会社は、以前に「恋と選挙とチョコレート」を作成している会社でシナリオの実力は十分だと考えています。元はアダルトゲームですが、PSvitaでもCERO:C(15才以上対象)で販売しているので、面白かったら原作もどうぞ。

 

 


ディバインゲート~DIVINE GATE~
放送局:TOKYO MX
制作会社:ぴえろ
原作:スマホゲーム

ディバインゲート』は、ガンホー・オンライン・エンターテイメントから配信されているiOS・Android用ゲームアプリです。

パズドラの会社ですね。パズドラはボクもやっています。

正直、ディバインゲートは名前は知ってるけど詳しくは知らないと言う程度。

一話を観てみての判断というところ。

 

 


Dimension W
放送局:TOKYO MX
制作会社:Studio 3Hz / オレンジ
原作:マンガ(ヤングガンガン)

Dimension W』は、岩原裕二先生による漫画作品です。

この方は以前、Darker Than Blackのコミカライズを書いていた方なので、その続きで呼んでいました。

前回は、コミカライズなのでイラスト担当だったのですが、今回はシナリオも考えています。

個人的には好きですし、石田彰さんも出ているので観たいと思っています。

お話の内容は回収屋を営んでいる主人公のところにアンドロイドの少女が転がり込んできて…と言うバトル漫画です。

 

 


デュラララ✖2 結
放送局:TOKYO MX
制作会社:朱夏
原作:ライトノベル(電撃文庫)

デュラララ!!』は、成田良悟先生によるライトノベルです。

知らない人は居ないだろうと言うくらいメディアミックス化が進んでいる作品ですね。

個人的には物語の概要は知っているのですが、今更過ぎて流行に乗れていない感じです。

 

 


ハルチカ~ハルタとチカは青春する~
放送局:TOKYO MX
制作会社:PA WORKS
原作:小説(角川文庫)

『ハルチカ~ハルタとチカは青春する~』は、初野晴による小説シリーズです。

推理×恋愛と言ったお話で、氷菓と似ていると思う方々も多いかと思うかもしれませんが、全く違います!同じにしないでもらいたいという気持ちです。

多分観ないです。これは、こんな青春時代を過ごせなかった嫉妬です。

 

 


ナースウィッチ小麦ちゃんR
放送局:日テレ
制作会社:タツノコプロ
原作:オリジナルアニメ(スピンオフ)

ナースウィッチ小麦ちゃんR』は『The Soul Taker 〜魂狩〜』からのスピンオフ作品です。正直、コレはよくわからないです。色んな意味でわからないです。ごめんなさい。

 

 


この素晴らしい世界に祝福を!
放送局:TOKYO MX
制作会社:Studio DEEN
原作:ライトノベル(角川スニーカー文庫)

この素晴らしい世界に祝福を!』は、暁なつめ先生によるライトノベルです。

これは良くある異世界転生のお話です。その手の話が好きな方は観て損はないかと。

個人的には一話を見て判断したい作品です。

 

 


灰と幻想のグリムガル
放送局:A-1 Pictures
制作会社:TOKYO MX
原作:ライトノベル(オーバーラップ文庫)

灰と幻想のグリムガル』は、十文字青先生によるライトノベルです。

こちらも上記作品と同じく異世界転生チックなお話です。

コチラの作品の方が重たくシリアスなイメージです。どちらかというとこちらの方が好みです。

また、落合元監督の息子である落合福嗣さんが声優として出ているのが今作品です。

 

 

ファンタシースターオンライン2 THE ANIMATION
放送局:TBS
制作会社:テレコム・アニメーションフィルム
原作:オンラインゲーム(SEGA)

『ファンタシースターオンライン2 THE ANIMATION』はSEGAの同名オンラインゲームをアニメ化した作品です。

このオンラインRPGは少しだけプレイしていたのですが、あの複雑なシナリオをどのようにアニメ化するのか興味があります。

全く別の話になるのか、少し観てみたいと思います。

 

 


プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ
放送局:AT-X
制作会社:MAD HOUSE
原作:小説・ゲーム

プリンス・オブ・ストライド』は、メディアミックス作品です。

こちらのイラストを担当しているのが曽我部修司先生で、ペルソナ3のコミカライズのイラストを担当している先生ですね。

 

お話は架空のスポーツ「ストライド」を行う少年少女の青春アニメです。

「ストライド」は簡単に説明すると町中で行うリレーです。

ちょっと興味あります。

 

 


石膏ボーイズ
放送局:TOKYO MX
制作会社:LIDENFILMS
原作:オリジナルアニメ

石膏ボーイズ』はKADOKAWA、ザリガニワークス、ホルベイン画材の3社共同プロデュースによる日本のバーチャルアイドルグループ、また彼らを題材とした日本のテレビアニメ作品です。

 

観ます。

杉田智和×福山潤×小野大輔とか混沌<カオス>でしかなさそう。

だが、それが良い!と思います。

欲を言えば中村さんも欲しかった。あと、ショートアニメもやめて欲しかった。

 


無彩限のファントムワールド
放送局:ABC
制作会社:京都アニメーション
原作:ライトノベル(KAエスマ文庫

無彩限のファントム・ワールド』は、秦野宗一郎先生によるライトノベルです。

KAエスマ文庫、つまり京都アニメーションが出版して京都アニメーションがアニメ化する感じですね。ワンストップで出来るのは良いことだと思います。

 

ネタバレしてしまいますが、死闘の末、強敵に敗北するシナリオがすごく好きです。

順調に勝利するシナリオだったら観ないと思います。

京都アニメーションということも合って期待してます。

 

 


最弱無敗のバハムート<神装機竜>
放送局:TOKYO MX
制作会社:lerche
原作:ライトノベル(GA文庫)

最弱無敗の神装機竜』は、明月千里先生によるライトノベルです。

こちらは主人公が最強系のお話です。

亡国の王子で最強。

もう語ることはありません。

魔法科高校の劣等生系のお話が好きなら気にいると思います。

 


虹色デイズ
放送局:TOKYO MX
制作会社:REED
原作:マンガ(マーガレット)

虹色デイズ』は、水野美波先生による漫画作品です。

仲の良い男子高校生4人の日常を中心に描いたコメディ作品で、ボク好みのほのぼの系アニメです。

一応、男4と女4なので、恋愛に発展するのかなーと思ってます。

リア充爆発しろ。

 

 


少女たちは荒野を目指す
放送局:TOKYO MX
制作会社:Project no.9
原作:アダルト?ゲーム

少女たちは荒野を目指す』は、みなとそふとより2016年3月25日に発売される予定の全年齢対象のPCゲームです。

みなとそふとというと、『真剣で私に恋しなさい!』が爆発的ヒットを記録したソフトメーカーですね。

お話の内容は部内で美少女ゲームを作るというお話です。制作過程はまんま自分たちの仕事ですから、詳しいと思います。

 

シナリオは田中ロミオ先生が担当しているとのこと。

美少女ゲーム業界をもっと知ってもらいたいという思いが込められているそうです。

 


シュヴァルツェス マーケン
放送局:TV TOKYO
制作会社:ライデンフィルム
原作:ライトノベル(ファミ通文庫)

シュヴァルツェスマーケン』は、内田弘樹先生によるライトノベルです。

マブラヴシリーズのスピンオフとして制作されているラノベとアニメです。

実は、マブラヴ世代ではないので、そこまで詳しくないというのが本音です。

コレを機に学んでみようかと思います。

 

 


アクティヴレイド −機動強襲室第八係−
放送局:TOKYO MX
制作会社:プロダクションアイムズ
原作:オリジナルアニメ

]

アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』は、プロダクションアイムズ制作によるテレビアニメ作品です。

創通・フィールズ・フライングドッグの3社共同プロデュースによるオリジナルアニメ作品ということなので、後々にパチンコとかパチスロになるのかなと予想しています。

攻殻機動隊をイメージさせるタイトルと内容ですね。

 


だがしかし
放送局:TBS
制作会社:feel
原作:マンガ(週刊少年サンデー)

だがしかし』は、コトヤマ先生による漫画作品です。

実際の駄菓子が出てきて感慨に浸れます。確か、ショートアニメだったはずです。

藤原啓治さんも出ていますし、観ましょう。

そして観ます。


魔法少女なんてもういいですから
放送局:TOKYO MX
制作会社:PINE JAM
原作:

魔法少女なんてもういいですから。』は、双見酔先生による漫画作品です。

ぱっと見たイメージはまどマギそのもの。

でもそこまでシリアスではなく、ほのぼのコメディ路線なんだろうなぁという推測は付きます。

あと、女性しか出てこない百合百合しいアニメだということもわかった。

 


闇芝居
放送局:TV TOKYO
制作会社:ILCA
原作:オリジナルアニメ

闇芝居』は、都市伝説を題材とした日本のショートアニメです。

ホラーは苦手なのでパス。

上の画像からして怖いし。

無理です。

 


大家さんは思春期!
放送局:TOKYO MX
制作会社:セブン・アークス・ピクチャーズ
原作:マンガ(まんがタイム)

大家さんは思春期!』は、水瀬るるう先生による4コマ漫画作品です。

コレはちょっと観たい。

見たまんまのほのぼのアニメです。

中学生の管理人と新卒の前田さん(♂)がほのぼの過ごすマンガです。

 


機動戦士ガンダム サンダーボルト
放送局:ネット配信
制作会社:SUNRIZE
原作:マンガ(ビッグコミックスペリオール)

機動戦士ガンダム サンダーボルト』は、太田垣康男先生によるガンダムシリーズの漫画作品です。

コレはもう観ます!説明はしません!!以上!!!!

 


SUSHI POLICE
放送局:TOKYO MX
制作会社:セディックインターナショナル
原作:オリジナルアニメ

SUSHI POLICE』はTOKYO MXの開局20周年記念アニメです。

てっきりアメリカのアニメだと思っていました。

5分間のショートアニメとなります。

日本ぽくないテイストのアニメだと思います。ただ好みです。

農林水産省が創設しようとした制度に対して海外のマスコミから「スシポリスが日本からやってくる」とバッシングを受けた事件から着想を得た作品だそうで。

ユーモアたっぷりで良いと思います。

 


おじさんとマシュマロ
放送局:テレ玉
制作会社:Creators in Pack
原作:WEBマンガ(pixiv / 一迅社)

おじさんとマシュマロ』は音井れこ丸先生による漫画作品です。

5分間のショートアニメとなります。

たぶん、この丸々としたオッサンが主人公なのでしょうね。

そして声が安心と安全の稲田徹さん。

このオッサンがモテるハーレムアニメだそうで。

爆発決定。

 


ラクエンロジック
放送局:TOKYO MX
制作会社:動画工房
原作:カードゲーム(ブシロード)


私たち、らくろじ部!
放送局:TOKYO MX
制作会社:動画工房
原作:カードゲーム(ブシロード)

ラクエンロジック』は、ブシロードのトレーディングカードゲームで、私たち、らくろじ部!』はその前の1分間ショートアニメだそうです。

TCGというものが小学校3年生くらいで終わってしまったため、ぴんときてないです。

(三国志大戦とか戦国大戦はやっていましたが)そういったゲームとはまた別ですよね。

 


紅殻のパンドラ
放送局:TOKYO MX
制作会社:スタジオ五組
原作:マンガ(ニュータイプ)

紅殻のパンドラ -GHOST URN-』は、原案は士郎正宗先生、作画は六道神士先生による漫画作品です。

さっき、攻殻機動隊みたいと表現したアニメがありましたが、コチラこそが攻殻機動隊を次ぐアニメなのでしょうね。

全身義体の少女がテロ事件に立ち向かう。

うん。攻殻機動隊です。こっちでした。

 


てーきゅう 7期
放送局:TOKYO MX
制作会社:ミルパンセ
原作:マンガ(コミック・アース・スター)

てーきゅう』は、ルーツ先生原作、Piyo先生作画による漫画作品です。

7期目ともなると正直ここから新規参入は厳しいのではないですかね?

というのが率直な意見です。

それだけ固定客が付いている証拠ですよね。

ボクはもう入れませんが、ついていける人は楽しんでください。

 


おしえて!ギャル子ちゃん
放送局:TOKYO MX
制作会社:feel
原作:

おしえて! ギャル子ちゃん』は、鈴木健也先生による漫画作品です。

ギャル、オタク、令嬢の女子高生3人が織り成す日常漫画です。

アニメ日常みたいなかんじになるのかな?と推測しています。

一話目は観てみたいです。

 


NORN9 ノルン+ノネット
放送局:TOKYO MX
制作会社:KINEMA CITRUS / オレンジ
原作:ゲーム(オトメイト)

NORN9 ノルン+ノネット』とは、オトメイトから2013年5月30日に発売されたPlayStation Portable用ソフト。

このゲーム、植松先生がテーマソング書いてるんですよね。

オトメイトということでイメージは薄桜鬼に近いのかな?と思っています。

女性主人公でイケメン男性とノルンと呼ばれる巨大な飛行船で恋に落ちていく…そんなストーリーだと思います。

 


ブブキ・ブランキ
放送局:TOKYO MX
制作会社:三次元
原作:オリジナルアニメ

ブブキ・ブランキ』は、サンジゲン制作によるアニメ作品です。

サンジゲン10周年記念作品になります。

もう、タイトルの意味がわかりません。どなたか教えて下さい。

どんなお話かもわかりません。まずは観ろということか。

 


霊剣山 星屑たちの宴
放送局:TOKYO MX
制作会社:Studio DEEN
原作:小説(中国オンライン小説)

霊剣山 星屑たちの宴』は中国のオンライン小説の作品です。

主人公である「王陸(おうりく)」が様々な困難に打ち勝つ壮大なストーリーだと思います。

これも一話は観てみたいです。

 


この男子、魔法がお仕事です。
放送局:TOKYO MX
制作会社:コミック・ウェーブ・フィルム
原作:???

『この男子、魔法がお仕事です。』はこの男シリーズの第5弾作品です。

前4作品とも設定がぶっ飛んでいて清々しいです。

メガネブ!の監督ということでその辺りも期待しています。

全4話とのことなので、全部観ても良いのでは?

 


血液型くん!4期
放送局:TOKYO MX
制作会社:アッセフィノー
原作:WEBマンガ

『血液型くん!』は、Real Crazy Manによる韓国の4コマ漫画(ウェブコミック)作品です。

韓国の作品だと初めて知りました。

よく特徴を捉えていて「あー、あるある」と何度思ったことか。

声優さんが石田彰さん、中村悠一さん、福山潤さんと言うボク得のアニメです。

 


FAIRY TAIL ZERO
放送局:TV TOKYO
制作会社:A-1 Pictures
原作:マンガ(週刊少年マガジン)

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は、真島ヒロによる漫画作品です。

言わずと知れた名作ですね。

マンガは読んでいるのですがアニメは観ていません。ごめんなさい。

なので、今回も観ないと思います。

 


魔法つかいプリキュア!
放送局:ABC
制作会社:東映アニメーション
原作:

これは情報が公開されたばかりのアニメです。

まだタイトルしかわかっていませんが、プリキュアシリーズの第13段目だそうです。

 


がんばれ!ルルロロ
放送局:NHK E-テレ
制作会社:ファンワークス
原作:絵本

元シリーズは『くまのがっこう』で、日本の子供向け絵本シリーズです。

作者はあいはらひろゆき先生(文)とあだちなみ先生(絵)。

ブロンズ新社から出版されています。

意外とNHKのゆったりとした作品好きなんですよ。

声優に 田中直樹さん(ココリコ)がキャスティングされているのも面白いと思います。

 


磯部磯兵衛物語
放送局:
制作会社:ギャザリング
原作:マンガ(週刊少年ジャンプ)


磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜』は、仲間りょう先生による漫画作品です。

1話がなんと30秒と言うフラッシュアニメ。

考えなくて良いです。観てください。

30秒をください。お願いします。

 

 

〜引き続き放送〜

 


JKめし!
放送局:TOKYO MX
制作会社:京風とまと
原作:オリジナルアニメ

 


おそ松さん
放送局:TV TOKYO
制作会社:ぴえろ
原作:マンガ(週刊少年サンデー)

 


牙狼-紅蓮ノ月-
放送局:TV TOKYO
制作会社:東北新聞社
原作:特撮テレビドラマ

 


ルパン三世
放送局:日本テレビ
制作会社:テレコム・アニメーションフィルム
原作:マンガ(漫画アクション)

 


うたわれるもの 偽りの仮面
放送局:TOKYO MX
制作会社:WHITE FOX
原作:ゲーム(アクアプラス)

 


ハイキュー!! セカンドシーズン
放送局:毎日放送
制作会社:PRODUCTION I.G
原作:マンガ(週刊少年ジャンプ)

 


ヘヴィーオブジェクト
放送局:TOKYO MX
制作会社:J.C.STAFF
原作:ライトノベル(電撃文庫)

 

 

2016年冬アニメおすすめランキング

 

ここで個人的な2016年冬アニメのおすすめランキングをしてみたいと思います。

 

  1. 少女たちは荒野を目指す
  2. 機動戦士ガンダム サンダーボルト
  3. 灰と幻想のグリンガム
  4. だがしかし
  5. 石膏ボーイズ

といったところがTOP5でしょうか。

もちろん、アニメはまだ観ていませんので、あくまで期待値ですが。

 

1位と2位は迷いましたね。

3位から5位も迷いました。

ホントはDimension Wとかも入れたかったのですが…。

なので、次点でDimension Wと大家さんは思春期!ですね。

 

あ、おそ松さんなどの前期からのアニメは除いています。

 

ぜひ、どのアニメを観るか参考にしてくれると嬉しいです。

 

 

lollipop-candy-syndrome.hatenablog.com

 

こちらもつくってみました。

よかったらどうぞ。