読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lollipop Candy Syndrome|ロリポップキャンディシンドローム

北の大地に住まう男の子「たろ」の雑記ブログ。彼女できるまで頑張る。

理想と正論を振りかざす人間は信用ならない

ただの日記

広告

はじめてブログの記事が引用された!

 
嬉しい反面、批判的な内容だったので悲しい反面。
 
文章で全てを伝えるのは難しいなーと思ったのと、あーゆー上から目線で『まぁ、たくさん批判したけどこの記事を糧に頑張って』なんて書く大人にはなりたくないなーという思いと。
 
批判なら何を書いても許されるのか?
 
と言う気持ちで胸がいっぱい。
 
たしかにさー、批判先のブログの記事が言ってることは正論なんだけどさー、理想を追い求めすぎてて気持ち悪かった。
 
なんていうか、ブラック企業の社長みたいな感じ。
もしくは、カリスマ経営者とかコンサルタントに憧れてる感じ。
 
ちょっと怖かった。
 
正社員として被雇用者側で働いたことないのかなぁ。っていう内容でモヤモヤしましたとさ。
 
ただ、向こうさんの言ってることに間違いはないんだよ?
 
正論だからね。
 
本来はそれを目指すべきなんだろうけど、理想を追い求めるのって難しいよね。
やっぱり、理想と現実って違うとこがあるって思ってるし、例えるならこんな感じ
 
 
学者さんや教授先生は常に『~という経営が理想である』とはいうけど、現実はそうはいかないっていうのは経営したことある人間にしかわからないのかなぁ。
 
ってことだと思う。経営したこと無いから知らないけど。
 
『上手く行けば~』とか『予想されます』とかとても危ない言葉だよね。
この甘言にホイホイついてきて痛い目をみてるクライアントさんがどれほど居たか。
 
web界隈で働いてるからお客様に
 
『Webっていうのは便利な半面、怖いところです。いろんなことが知られてしまいますし、いろんなことが晒されてしまいます。正しい情報もあれば間違った情報もある。そのことを念頭に入れておいてください』
 
と常に伝えているのに自分がこの有様だよ!
 
今回は、良い勉強になった。
でも、取り上げられてもらえて嬉しい。
でもモヤモヤする。
 
あーー!!
 
このモヤモヤをなんとかする方法があれば教えて下さい。
 
先輩ブロガーさんたちは、いろんな批判に合ってきたと思うんだけど、どうやって乗り越えてきたんだろうか。
 
教えて、エロい人!!