読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lollipop Candy Syndrome|ロリポップキャンディシンドローム

北の大地に住まう男の子「たろ」の雑記ブログ。彼女できるまで頑張る。

【ブロガー邂逅記】その1 〜たろ、ポジ熊さんと出会う〜

ブロガーさん

広告

どーも、たろです。

 

実は今年の裏テーマに

 

たくさんの人と出会う

 

というのを設定してました。

 

これは、ブロガーさんかどうか関わらずね。

人と出会うこと自体が良い刺激になるし、新しい自分を感じさせてくれるから。

 

一昨年の10月に東京から札幌に戻ってきたんだけど、そこから4月までは失業保険をもらってたのね。

 

 

その際にあった人間は0。(身内除く)

もうね。仙人のような生活をしてたよね。

外出は週に一度あるか無いかといったような生活してたから。

だから今年は積極的に人と会って行こうと思っていたのね。

 

で、会ってきました。

 

その前に、話変わるけど前回は

 

lollipop-candy-syndrome.hatenablog.com

 

の話をしたよね。

 

それは布石だ。

 

なぜならお会いしたのがポジ熊さんだからだっ!!

 

ということでー今日、ポジ熊さんと出会いました。

 

www.pojihiguma.com

 

なんでも、今日の夜に札幌でブロガーさんのオフ会があるらしく、そちらに参加なさるとのことで札幌へ来たところを

 

げっちゅ!

 

ボクのような月間10,000PV程度の人間にも会ってくれるなんてなんと心の広いお方。

 

正直、会うまでは不安でした。

すっげー怖い人だったらどうしよう?とか不安に押し潰されそうで泣きそうでした。

 

お昼の11:30に待ち合わせをして伺ったお店はここ。

www.umiumi.co.jp

 

お店の構えから大変素晴らしいお店でした。

 

f:id:lollipop-candy-syndrome:20160130172516j:plain

 

店内に入った時、

 

「ご予約ですか?」

 

の一言には焦りましたが、無事に店内へ。

雰囲気の良いお店でお値段も600円〜1400円とリーズナブル&リッチ。

 

ボクはSOBAランチセットを頼みましたー。

f:id:lollipop-candy-syndrome:20160130172813j:plain

 

お蕎麦がね、手打ちでしっかりとした歯ごたえを感じることができたので、ボクの好みのお蕎麦。

大変美味しゅうございました。

 

ポジ熊さんとどんなお話をしたのかというと、

 

ブログの話。

 

北海道でブログを行ってる身としてはとても気になる存在。

 

なぜなら、

  • 嫉妬
  • 不安

の化身と言われてるボクですからね。

そのノウハウを教えていただこうと意気込んでいたら、あっさり全てを曝け出すポジ熊さん。

 

どうすればアクセスが集まるのか。

アドセンスはどこに貼るのがベストなのか。

雑記ブログはどう書いていくべきか。

 

などなど。

ボクも来月(と言っても明後日)からはてなブログをProにしようと思ってたので、

 

渡りに哲也!

 

じゃなかった

 

渡りに船!!

 

やっぱりさ、稼げるんだったら稼ぎたいじゃん?

PVもお金も。

 

ポジ熊さんは、なんか「頼れるお兄さん」と言った感じの方でした。

あとね、

 

インタビューが上手い

 

ポジ熊さんが聞き上手なものだから、ついつい色々と話しちゃった。

 

なぜボクに彼女ができないのか?とかなぜボクに彼女ができないのか?とかなぜボクに彼女ができないのか?とかなぜボクに彼女ができないのか?とかなぜボクに彼女ができないのか?とかなぜボクに彼女ができないのか?とかなぜボクに彼女ができないのか?とか

 

まぁ、ボクが超絶ネガティブだというのが問題なんだろうなぁ。

 

あとね、ポジ熊さんは質問上手でもあると思うの。

なんか、色々と考えさせられる質問とかするんだよね。

 

「このブログをどうしていきたいのか?」

 

ボクは、読んでる読者さんが楽しいと思ってくれるブログをしたいの。

今はね、そう思ってる。

 

正直、ブログを始めたばかりで「このブログをこうしたい!」っていう明確な道があるわけじゃ無いの。

 

でも、必要とされるのは悪く無いって思う。

頼ってもらいたいって思うよ。

 

色々と考えることができて良かった!

拙い文章でお恥ずかしい限りですが、ポジ熊さんが良い人だということが伝わると嬉しいです。

 

まだまだ北海道にもブロガーさんがたくさん居るし、積極的にお会いしていきたいと思います。

 

そんなたろですが、来月からも引き続き変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。

f:id:lollipop-candy-syndrome:20160130180725j:plain