読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lollipop Candy Syndrome|ロリポップキャンディシンドローム

北の大地に住まう男の子「たろ」の雑記ブログ。彼女できるまで頑張る。

【急募】『社長居ますか?』という営業電話を華麗にかわすにはどうすれば良いの?

仕事のこと ただの日記

広告

ちっす!

ロリコン疑惑のあるたろです。

 

ここでロリコンをほのめかす記事を書いてしまうとロリコン確定のロリコンになってしまうロリなので、まったく違う話をするロリ。

 

詳しくは

www.lollipop-candy-syndrome.com

とか

www.hesocha.com

を読んでください。

 

 

余談だけど、「hesocha」でGoogle検索するとすっげー日本らしいサイトが出てきて吃驚した。

 

なんすか、桜と死って。怖いよ。

 

んで、本題。

 

今いる会社おかしくてさー。

20人くらい居るんだけど、みんな30歳以上なんだよね。

20代はボクだけ。ちなみに女性は1人のみ。

 

ウホッ!男だらけの中小企業〜ポロリはもう居ないよ〜

f:id:lollipop-candy-syndrome:20160204111500j:plain

って言う状態だからね。

 

こんなこと話してるとロリコンじゃなくて違う疑いをかけられそう(ノД`)

 

だから、電話番とかもボクの仕事なの。

下っ端の中の下っ端だからね。

 

んで、電話番してると

 

「○○商事の××と申しますが、社長さまはいらっしゃいますでしょうか」

 

というフレーズを毎日何度も聞くことになります。

 

おかげで自分の仕事ができません!!

 

まぁ、それは置いておいて。

この時点では営業電話か本当の用事の電話か判断できませんね。

なので、

 

「どのようなご用件でしょうか」

 

と告げます。

すると、

 

「先物取引のご提案で〜」

 

はいビンゴ。

営業です。

 

「お使いのOA機器の件で〜」

 

こちらもビンゴ。

営業電話です。

 

といった具合にあぶり出しが出来もす。

 

しかし、悩みはここから!

 

 問題はどうやって断るか?だ!!

 

無難に

 

「〇〇(社長)はあいにく外出しておりまして〜」

 

と言っても

 

「いつごろお戻りですか?」

「明日の朝はいらっしゃいますか?」

 

といって翌日同じ電話がかかってくるのみ。

 

ボクは一度、この手法をとって1週間毎日同じ時間帯に同じ営業の人とお話をしていた経歴がある。

 

もう諦めろよ!察しろよ!!

 

と内心考えていたのは内緒。

 

なので、なんか上手い切り返しがあれば良いなーと思うんだよね。

 

これがね?個人的に掛かってきた営業電話だったら

うるせぇ!の一言で片付くんだけど、会社だとそうもいかないからなー。

 

最近は

「そういった類のものはお断りしております。結構です」

って断ってるんだけど、なんかカドが立つじゃん?

 

だから、こっちもむこうもほっこりできるような解決方法があれば嬉しいんだけど、、、

 

しつこい営業さんとかはさぁ

 

「社長(もしくは担当者)のお名前伺っても良いですか?」

 

って。

 

担当者の名前はまだ良いよ。

でも、社長の名前なんてホームページに書いてあんじゃん!

 

調べろよ!!

 

今度、担当者の名前を聞かれたら意外な名前にしてやろうかしら。

 

「担当者のお名前をお伺いしても良いですか?」

「担当はメドベージェフです」

 

これで、次に電話してくるときツラいよー。

事情を知ってるのはボクだけだからね。

営業かけてる人は嘘か本当かわからないからね。

現に今、うちの会社には台湾人の方がいらっしゃいますから。

 

うっかり他の人がとっちゃったらもうどうしようもない感じですよ。

 

※ちなみにメドベージェフはロシアの元大統領で現首相です。

プーチンじゃない方と覚えてください。

f:id:lollipop-candy-syndrome:20160204111924j:plain

 

そんで、違う人が応対して

「いえ、そのような社員はうちにはおりませんが」

なんて言われたら全てが混乱するよね。

 

なんかもうね。

忍耐力を鍛える特訓みたいになってるからね。

電話に出てくれる人が居るって幸せなことなんだなーって改めて噛み締めてます。

 

だれか、素晴らしい解決方法をご存知の方がいたらお教えください。