読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lollipop Candy Syndrome|ロリポップキャンディシンドローム

北の大地に住まう男の子「たろ」の雑記ブログ。彼女できるまで頑張る。

【2016年】海外旅行するならこの国がオススメ!人気で物価の安い国6選

海外旅行 旅行

広告

ちゃっす。

たろだお。( ^ω^

 

すみません。

巫山戯過ぎました。

たろです。

 

前回の記事で海外に行くと宣言したな。

www.lollipop-candy-syndrome.com

あれはな、

 

本当だ!!

 

ということで、どこの国に行くか色々と調べました。

せっかくなら物価が安くて治安もそこそこ良くて贅沢できる人気でオススメな国に行きたいなーと思ったので、頑張って調べました。

 

調べた結果がコレだ!!

 

フィリピン

f:id:lollipop-candy-syndrome:20160317130626j:plain

はい。

定番のフィリピンです。

フィリピンの通貨はペソ。

1ペソは日本円で2.42円(2016年3月現在)

物価が安い上に英語が通じる素晴らしい国です。

飛行機も直通便が何便も出ています。

ツアーだってたくさんあります。

 

ただ、ちょっと治安が悪いみたいですね。

日本人を騙す悪い人たちもうじゃうじゃ居るそうです。

マニラは危ないので色んなところで見かけるセブ島が良いかと。

お仲間の日本人もたくさん居ますよー。

 

オススメ度:☆☆☆☆

 

ブルガリア

f:id:lollipop-candy-syndrome:20160317130640j:plain

ヨーグルトと琴欧洲でお馴染みのブルガリア。

ブルガリアの通貨はレフ。

1レフは日本円で64.6円(2016年3月現在)

タクシーの初乗りとかバスとか1レフで行けちゃうんだってよ。

レストランのお酒も3.5レフ。

やっすー。

治安も悪くはありません。

良いというワケでもないですが。

 

ただ、言語はブルガリア語で、英語がほとんど通じません。

しかもボディランゲージも通じません。

 

ブルガリアでは「はい」で首を横に振り、「いいえ」で首を縦に振るから。

 

めちゃくちゃ予習が必要な国だけど、生活水準とか発展度合いで比較すると物価はすごく安いです。

ここもいつか行ってみたいなぁ。

 

オススメ度:☆☆☆

 

ポルトガル

f:id:lollipop-candy-syndrome:20160317130656j:plain

意外なことにヨーロッパの中ではポルトガルは物価が安いです。

もし、サッカーが好きならポルトガル旅行もありかも。

 

ポルトガルの通貨はユーロ。どこでも使えるユーロですね。

1ユーロでフルボトルのワインが買えちゃったりするらしいです。

水より安いんじゃない?

 

言語はポルトガル語。

英語もまぁまぁ通じるようです。

そして、すぐ隣はスペイン!

ポルトガル語もスペイン語も似てるのでどちらか話せたら無問題。

全体的にポルトガル国民が旅行者慣れしてると思うよ。

夏のリゾートには持って来いの国だと思います。

 

 オススメ度:☆☆☆☆☆

 

ルーマニア

f:id:lollipop-candy-syndrome:20160317130709j:plain

ドラキュラで有名なルーマニア。

ここも東欧と呼ばれるヨーロッパです。

意外と物価も安いんですよ。

 

ルーマニアの通貨単位はレウ。

1レウは30円くらいです。(2016年3月現在)

ここも交通系を例に出すとわかりやすいと思うんだけど、地下鉄の1日フリーパスが180円くらいです。

月間フリーパスは1,800円!!

激安です。

ビールも100円しないで買えます。

 

ただ、貧富の差が拡大傾向にあり、年々治安が悪くなっているようです。

東洋人への差別や風当たりも強いので、訪ねる際にはご注意を。

 

オススメ度:☆☆☆

 

タイ

f:id:lollipop-candy-syndrome:20160317131446j:plain

 タイです。

エステとか古式マッサージとか美容のイメージが強いです。

あと、ニューハーフ。

それにプーケット島などの素敵なリゾート地があるのが強み。

ゆったりしたい方にはオススメです。

 

物価は近年は上昇傾向にあるとか。

タイの通貨はバーツ。

1バーツは3.2円(2016年3月現在)

屋台などのローカル飯なら100円くらいで食べれます。

まだまだ安いね!

でもマクドナルドのハンバーガーは140円くらい。(´・ω・`)

 

同じアジア圏でとっつきやすい国ではあるよね。

ただ、やっぱり気をつけなくてはダメ!

 

まず、タイは軍事政権です。これ、お忘れなきよう。

そして治安は良くはありません。

拳銃がどこでも手に入りますし、スリなどの小さな被害も少なくありません。

渡航には注意が必要です。

 

オススメ度:☆☆☆☆

 

ベトナム

f:id:lollipop-candy-syndrome:20160317133118j:plain

 ベトナムです。

個人的には水曜どうでしょうのイメージしかありません。

 

なので、ベトナムを知りたい方はDVDを観てもらった方が早いかも。

とても親日国というイメージがあります。

それとカブ(スクーター)。

 

ベトナムの通貨はドン。

今回は逆ですが、1円が195.59 ドン(2016年3月現在)。

エステとか2,000円とかで出来ちゃいます。

やっすー。

 

あと、面白いのはインフレが半端ない。

2,000円のエステということは392,000ドンですからね。

 

治安はひったくりとかスリ、支払い詐欺くらいで致命的な危険はありません。

といっても良いワケではありませんが。

 

アナタも是非、ベトナム縦断をしてみてください。

 

オススメ度:☆☆☆☆☆

 

ハンガリー

f:id:lollipop-candy-syndrome:20160317135730j:plain

 ハンガリー舞曲で有名なハンガリーですね。

 オーストリアと隣接している中央ヨーロッパの国です。

以外と物価が安いんですよ。

 

ハンガリーの通貨はフォリント。

1HUF=0.4円となっています。

 2000年代からインフレが起きており、現在はそこまで安くない様子。

 

そして何より、ハンガリーは有数の温泉地でもあります。

それだけで戦えるってもんですよ!

 

しかし、内陸国なので海はありません。

長野県と一緒です。

 

ただ、今はシリアの難民さんの問題で治安が悪化してる可能性があります。

訪問する際は充分に注意してくださいね。

 

オススメ度:☆☆☆☆

 

 まとめ

他にもインドとかエジプトとか挙げたらキリがないので、この6カ国がボクの答え。

この答えにはボク自身が行ってみたい・行きたいという気持ちが強く反映されています。

 

なので、この6カ国から行く国を選びたいと思います。

あと、順番に意図はありません。

 

必ずしておきたい準備

ホテルの予約をするのであれば充分に比較・検討をしましょう。

良いホテルに安く泊まり、レジャーにショッピングにお金を使えるようにしましょう。

 

トリバゴ

 

HOTELS.com

 

みなさんも海外へ行く際は入念な準備を忘れず、

f:id:lollipop-candy-syndrome:20160317140646j:plain

とならないように気をつけましょう。

 

さて、ボクはどこの国へ行くのか!?

あ、これクイズね。

 

乞うご期待っ!!