読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lollipop Candy Syndrome|ロリポップキャンディシンドローム

北の大地に住まう男の子「たろ」の雑記ブログ。彼女できるまで頑張る。

家庭科の授業を真面目に聞いておけば良かったというお話。

ただの日記

広告

おはっす。

たろです。

 

毎日、通勤時に北大前を通るんだけど、今日は消しゴムやらテッシュやらパンフやらをもらった。

 

「がんばってくださーい」って声をかけられながら。

 

ボク、受験生じゃないからね!!

 

最初、なんで?って思ったけど今日が受験日なのか。

何でボクに渡すのかわかんないけど、スーツ着てる姿を見れ…あ、コート着てるのか。

 

ということで、そのスーツの話なんだけど、太った。

 

やばい。どうしよう。

 

スーツのパンツのボタンがね、go awayしたの。

パーンって。

炸裂しちゃったんだよ……。

 

イメージはこんな感じ。

 

〜 以下、イメージ 〜

 

ボク「待って!もう少し……。もう少し一緒に居られないかな?」

BTN「悪いな。オレ、もう行かなきゃなんねぇんだ」

ボク「そんな。困るよ!そうやって自分の都合ばかり……。」

BTN「世の中なんてそんなもんだ。じゃあの」

ボク「あ!待って待って!!もう少し話をき、あ……らめぇぇぇぇぇぇっ!!!」

 

その時、弾かれたボタンが宙を舞い、空の彼方へと消えていった。

 

ということでスーツのパンツのボタンが弾けました。

それはもう勢い良く。

 

太った。

痩せなきゃ。

エステに通おう。

 

いや、今はダイエットの話はどうでも良い。

ボタンだ。

弾けてしまったものは仕方ない。

問題はその次だ。

 

ボタンが付けられない。

 

おかしい。

小学生の頃の家庭科の授業では付けられたのに!!

ボク、以外と真面目に勉学に励んでいたよ?

かわいい101匹ワンちゃんの裁縫セットを未だに持ってるもん!

 

 

いや、やらないだけで実はできるんじゃ……。

ネットで調べてボタンをつけようとするけども、面倒臭くてやらない。

諦める。

ここはどうがんばってもIT化できない部分だからね。

 

こうなったらボタンをつけてくれるお嫁さんが欲しい。

というお話でした。